Photoshop プロの修復ブラシツールの使い方

Photoshopの修復テクニックで、何度でもやり直しが出来る修復ブラシツールの使い方を説明させて頂きます。

綺麗な漆の面にあるホコリ、光沢面のキズ等々、非常に目立ちますね。

綺麗にしておけば良かったと思っても、薄暗く肉眼では見えにくかったり、綺麗にする時間がなかったり、ケースの中でそもそも触ることができなかった等々、あります。

この方法を使えば、綺麗に修復することは勿論、いつでも元に戻せて、元画像を現像しなおしても対応できます。

Photoshopレタッチの基礎

必ず守る事

レタッチをしてく上での大原則ですが、

とにかく、元画像は直接編集しないという事です。

既にご存知の方には当たり前の事で、釈迦に説法かもしれません。

それでも、コンテンツによる塗りであるとか、今回これから説明させていただく、スポット修復ツール(絆創膏のアイコン)は直接使ってしまうことが多いと思います。

簡単ですからね。また、やり直しもすぐできるだろうという気持ちにもなります。

しかし、無数にある埃やごみの場合、やり直しもしたくないのですが、事情により現像をし直す必要に迫られることもあります。

  • 被写体を少しだけ明るくした。
  • 僅かに角度を変えた。
  • ハイライトを調整した。

等々、本来それらの処理をしてから埃やごみを取るのが理想ですが、事情によりそのようにできないことがあります。

そうなると、残念ですが、もう一度やり直しで、手間と時間がかかってしまいます。

出来れば、このような単純で、スキルも上がらないような作業は、一度でも済ませたいですね。

元画像を非破壊でゴミを取る方法

だいぶ勿体ぶったようで失礼しました。

こんな画像があったとします。実は、この黒いアクリルの台の上には美術品がありました。

話はそれますが、こういう単調な黒なら、ダスト&スクラッチで消せることは消せます。

レイヤーを複製して、複製したレイヤーをスマートオブジェクトに変換。

その後、ダスト&スクラッチを掛けるとスマートフィルターとして、これも何度でもやり直しがききます。

マスク等を使って、アクリルの部分だけフィルターが掛かるようにすれば、良い訳ですね。

元の画像は背景として残っています。

これも非破壊の方法の一つです。

ただ、ゴミの大きさと処理する面のテクスチャーにもよりますが、フィルターの掛け方によっては、テクスチャーが失われてしまい、のっぺりしてしまいます。

よくある、人物の肌の整え方というPhotoshopのテクニックで、紹介されている、ハイパスを使っても同じです。

ハイパスを使う方法、これが上級テクニックのように紹介されますが、プロのレタッチでは使われていないので、注意が必要です。

たまにポスターの画像で、異様に人肌がのっぺりしたものがあり、リアリティに欠けていると感じます。

失礼しました。横道にそれました。

以下手順を説明させて頂きます。

画像を開き、新規レイヤーを作成します

レイヤー追加

スポット修復ツールを選びます

スポット修復ブラシツール

キーボードのJがショートカッキーです。

“スポット修復ブラシツール(J)”とありますね。その(J)です。

Jを押しても別のツールであれば、Shiftキー + Jでツールを切り替えます。

 

“全レイヤーを対象”にチェックを入れます。

スポット修復ブラシツールの設定

デフォルトで、種類:コンテンツに応じる テクスチャを作成 近似色に合わせるになっていると思いますが、確認してください。

全レイヤーを対象のチェックを忘れずに入れます。

 

スポット修復ブラシツールで修正します

スポット修復ブラシツールのサイズ変更

元画像の上にあるレイヤーを選択して、修正していきます。

レイヤーリンクもして、修正したレイヤーがずれないようにしておきましょう。

一度、PSDファイルとして保存して、時々、上書き保存していきます。

ブラシの大きさは、最低限のサイズに調整して修正します。

ブラシの大きさの調整ですが、Windowsであれば、Altキーを押しながら、マウスの右ボタンを押している状態で、上下で硬さの変更、左右で、サイズの変更ができます。

Macなら、Optionですね。

右クリックして、スライダーを動かさなくても簡単に、ブラシのサイズと硬さを変えられます。

これは、他のブラシ、消しゴム等でも同じように操作できます。

慣れれば、素早く簡単にできますので、お勧めです。

修復後のレイヤーは下図のようになっています。

修復後のレイヤーの状態

元画像を現像し直しても、明るさが大きく変わらない限り、差し替えだけで、このレイヤーが使えるので、修正は一度で済みます。

また、レイヤーになっているので、消しゴムで消せば、部分的にも元に戻せます。

次に、ゴミ取りの作業があれば、ぜひ試してみてください。

 

 

>ようこそ、『あなたの写真ライフに』

ようこそ、『あなたの写真ライフに』

写真をはじめたものの、わからない事、知らない事、そもそも何がわからないという事もわからない。
そういう方もいらっしゃると思います。
一つ一つの疑問を解決すると、線と線が繋がり、それが面になり、知識も技術も向上していきます。
近くに教えてもらえる人がいない場合、そこに到達することも難しいかもしれません。
僅かながらも、そのお手伝いが出来ればと思っています。